経営方針

反社会勢力への対応

当社は、コンプライアンスの基本方針である「行動規範」において、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固とした姿勢で対決することを掲げ、関係遮断に取り組んでおります。

 

また、警察等との連携を密にするとともに、企業防衛対策協議会等を通じて地域企業と適切な情報交換を行っており、反社会的勢力からの違法・不当行為等が発生した場合には、総務部が窓口となり、所轄の警察や弁護士等との連携により、法的に対処して問題の解決に努めてまいります。

 

各種取引の取引開始時には、法務部で反社会的勢力に関するデータの検索及び記録を行います。

年に一度定期的に、反社会的勢力の介入が疑われる不良情報の有無を確認してまいります。

 

ページトップへ