ENGLISH
JAPANESE
■社員インタビュー 新たなロールモデル、子育てしながらがんばる女性たちを応援したい
■社員インタビュー 新たなロールモデル、子育てしながらがんばる女性たちを応援したい
入社は、女性活躍時代の始まり
「男女雇用機会均等法」施行直後の年

私が入社したのは男女雇用機会均等法が施行された翌年です。法律が施行されて最初の就職活動をしたのが私たちだったのですね。でも女性には一般事務の募集しかなかったのが実情です。

私がこの会社に出会ったのは、希望企業の内定を数社頂戴しながらも決め手を欠き、就職活動を終えられずにいた時でした。「入社後約3~5年での寿退社が女の花道」という時代で、当時のモリトは他企業と同様、4年制大卒女子は勤続年数が短いと敬遠しており、2,3名試験的に採ってみよう、という感じでした。でも私は仕事をして経済的に自立した生き方をしたいと考えていましたので、面接時、当時の人事部長に聞いてみたのです。「もし、寿退社ができなかった場合、私はこの会社にいられるのでしょうか?」と。そうしたら、「したいようにすればいいのですよ。今はまだそういう例はありませんが、あなたがつくればいいじゃないですか。」と返ってきました。

4年制大卒女子の採用と活用は会社にとって未知数でしたが、これから上場を目指そうとしている勢いのある会社であること、温かで親しみやすい雰囲気なども魅力に感じ、モリトへ入社したいと切望し、モリトも私を迎えてくれました。

“初の女性取締役”、その存在意義は大きい

はじめは一般事務職として入社しましたが、もともと「仕事をしたい」という気持ちが強く、周りにもそれを伝えていました。有言実行、どんな仕事も厭いませんでし、多くの仕事に男性も女性もないと思っておりましたところ、当時の上司や先輩方もいろいろな仕事をさせてくれました。恵まれた環境も後押ししてくれたおかげで、私は総合職への職掌変更制度を提案し、自分で応募しました。その後、管理職試験に合格。人事課長、人事部長、執行役員人事部長、管理本部副本部長を経て現在は取締役上席執行役員 管理本部長に。人一倍勉強も努力もしてきましたし、その時間を確保する為に捨ててきたことも多かったという想いはありますが、今のポジションは時代の産物かな、とも思います。

「当社初(生え抜きの)・女性取締役」そのような大役を引き受けてしまっていいのか…と自問自答しました。ですが、会社にとっても、女性取締役を出すというのは大変なチャレンジ。誰が、ということではなく、女性の取締役が会社に存在すること自体に意味がある、そう考えるようになりました。このポジションに見合う仕事をすればいい。そうすることが、次世代の女性たちの道をつくることにもなるのではないかと思っています。

私がいなくていいシステムをつくりたい

私の当社でのキャリアは長いです。私は当社を深く愛しています。会社の悪口を言われる事は、私自身が悪口を言われていると思うほどです。当社の為に自分の全てをかけることができると思えるようになりました。こう思えるようになるには一定期間が必要であり、その期間において、管掌分野における様々な情報が私の中に多く蓄積されました。可視化しづらい当社独自のニュアンス等、感覚的な要素もその中には含まれます。自然と身についたそうした要素は、社内外環境、事象、事実、データを分析する時に私にとっては有効なのですが、会社にとって、必ずしも良い事でもないと思っています。
新卒で入社した社員が長い年月当社で活躍し、その中から経営者が輩出されるという人財開発プログラムは勿論有効です。が、一方で多様性を当社において育む為には、当社以外のいくつかのキャリアを経て、当社にjoinした方々の中から経営者を輩出する必要もございます。
キャリア採用者がいち早く当社において、顕在化したあるいは潜在的な能力を発揮する為には、私が長い年月で身につけた可視化されていない様々な要素も、可視化する必要があると思っています。

勿論、全てを可視化・システム化できるわけではないですが、こうした努力は当社のマネジメントを強くすると思います。それは結果的に当社社員や当社関係者のみならず、投資家の皆様の当社への理解を深めて戴く事に繋がります。

こうした体制が整えば、私の当社におけるミッションは完了し、私は次のステージに進みます。

人は、承認欲求が強い生き物ですが、会社においては、自分しかできない、という仕事の仕方はしてはならないと思います。そんな事で自分の存在意義を誇示する必要はなく、当社の全社員の存在そのものが既に尊いわけです。自分の仕事をいかに後輩たちに引き継ぐのか、後継者にいかに平易に同じアウトプットを導出させることができるか、そこに腕を見せてほしいと思いますし、私もそうありたいと思います。

そういう社員が集う企業集団は非常に強いですよね。

休日は、ただの「妻」と「娘」になる

ただの、「妻」と「娘」に変身します。
どっぷりモリトに染まると、一般社会の尺度がわからなくなりますので、休日はなるべく、仕事では出会えない人に会う、仕事ではできないことをあえて行うようにしています。

家では、家事と格闘したり、夫は見ていて飽きない人ですので一緒に何かをする事も楽しいですし、好きなジャズを聴いたり、読書をしたりして、いたって平凡に過ごしています。
選ぶ本は、どうしてもビジネス関係のものが多く、推理小説や文学書など本当に読みたい本は引退後の楽しみとして、取って置いてあります。先日も母が「名探偵コナン」(母娘でファンです)99巻を購入しましたが、それも未来のお楽しみです。

「母もする人」がこれからのロールモデルに

母と妻と企業人の三足のわらじを履いている女性たちは何と大変なのだろうと思います。メンバーの中には子育て中のママ社員が2人いて、よく話を聞きます。とても大変そうですが、傑作な話も多いです。彼女達は子供を通じ多くのことを学んでいます。これはすごい、と思います。

当社は、育児休暇制度が早くから機能し、高い復職率、低い離職率という成果を出しており、大阪府の「男女いきいき・元気宣言」事業者にも登録されています。くるみん認定も受けました。当社は女性が仕事を続ける環境が整いつつあるかもしれませんが、まだまだ、子育てをしながらキャリアを継続することは簡単ではありません。私は不器用ですし、時代もあり、仕事をする為に子どものいない人生を選びましたが、「母」になりたいと思う女性が、「キャリア」をあきらめなくてもいい会社にしなくては、と思っています。その中で私のあとに続く女性が現れる、そしてその女性たちこそがロールモデルになってほしいと思っています。

「じりつ」(自立・自律)した社員が多い会社に

人の2倍、3倍も努力し、知見を高め、仕事をした人がそれに見合うステータスやポジションを得られる、その仕組みはそれで良いと思っています。ただ、それが幸せかどうかは人によって違います。ワークライフバランスの在り方は、自分で考え、自分で選ぶべきもの。どのようなキャリアを形成したいのか、どのような働き方をしたいのか、どのような生活をしたいのかを考え、まず自分で選ぶことが大切です。そして、その選択肢は一定の範囲で多い方がいい。私は、モリトをできるだけ有効な選択肢を提示できる会社にしたいと思っています。

ダイバーシティとは多様な人材を積極的に活用しようという考え方のことですが、働く人の会社に対する貢献度が高くなければ、うまくいかないと思います。短時間しか働けなくても成果が挙がるように努力する人は、会社側も環境を整えて応援したくなる。自ずと働き方の選択肢は広がります。

自分自身の価値、貢献度を高められる、「じりつ」(自立・自律)した社員が多い会社にしたいのです。当社に限らず、どこに所属していても貢献できる、活躍できる人材を輩出する風土や体制をつくることが、私の成すべき仕事だと思います。

 

当サイトではクッキーを使用しています。当サイトを継続して閲覧される場合、クッキーの使用に同意いただいたものとさせていただきます。
詳細については弊社のクッキーポリシーをご覧ください。
This page uses cookies. If you continue browsing our website, it is assumed that you agree to the use of cookies.
For more information, please see our cookie policy.
close